土地が変われば水も変わる
海外や国内でも遠く旅行するととってもよくわかります。

大磯の水にようやく馴れてきました。

水は人の身体の6~7割を占めているといわれています。
住むところが変わって摂取する水が変われば身体もその土地の水に満たされていって 「その土地に住むひと」 になっていくのかもしれないですね。

ところで大磯の水はなんだか甘みがある気がします。
そのままだと少し土っぽさの方が強く感じますが、白湯にするとぐっと甘みが増してくる気がします。

水の違いはお茶やコーヒーをいれたりするとよくわかりますね。
そのほかにも、その土地で採れたものをその土地の水で料理するととっても美味しくなる、そんな気がします。うん、たぶん間違いない。だって同じ土地のもの同士だから相性はばっちりなはず。

以前、日本に住む海外の人たちを何人か集めて、その方たちのお母さんを母国から呼んで料理を作ってもらって、それを食べてどれが自分のお母さんが作った料理を当てる、みたいなTV番組を観ました。
その時一人だけ間違ってしまった方がいて、その理由をたずねてみると、「水が母国と違うからだ」と言っていました。
材料は確か出来るだけ母国のものを使っていた気がします。

気づいていないだけでそれくらい水って、身体に浸透してて密接な関係があるものなんだなって、感じました。

今ではどこかお店に行けばいろんなミネラルウォーターやナチュラルウォーターを買って飲むことができます。
でも日常生活に使うお水はやっぱりその土地の水道からでてくる水を摂るのがいい気がします。
そうやってその土地に馴染んで根を下ろして生活の土台と身体がしっかりしてくるんだろうな。

こころからアロハをこめて
HIROZ

5月も後半はまだまだご予約可能日があります。
カラダケアしたい方、
ALOHALIFE に興味のあるかた、
是非ご連絡ください♪

ご予約希望はフッターに記載されているセッション可能日からお選びください。
お問い合わせ、セッションのご相談も遠慮なくどうぞ♪

ご予約・お問い合わせページ https://peacefulalohalife.wordpress.com/contact/

広告